2018年1月8日月曜日

十二十二

みなさま明けましておめでとうございます!
2018年の幕開けでございます。

十二十二

タイトルは文字化けでは決してありません。

とにとに

と読むんだそうです。

十二十二

って何ぞやってことですが、平安神宮横に新しくできた複合商業施設なんだそうです!
テーマは 「365日 時代祭はここにある」ということで、カフェやお土産屋さんを備えた時代祭博物館とでもいうべきものなのでしょう。

おススメしておきながらまだ行ったことがないのですが、時代祭好きの方、時代祭に行きたくてもいつも行けない方などおススメでございます!

とくに、今の時期の京都は春まで閑古鳥が鳴いている。。。とまでは言いませんが寒さもあり何していいかわからないなんて人も多いことと思います。

岡崎エリアは美術館や飲食店が粒ぞろいで私は好きなので、そうでなくともおススメエリアですが、岡崎にお立ち寄りの際は是非 十二十二 へ行ってみてはどうでしょう。

ウェブサイトはこちら:https://1022.kyoto/

2018年1月4日木曜日

十日ゑびす大祭(初ゑびす)

商売人でなくても誰もが一度は聞いたことがある「とおかえびす」(十日えびす大祭/初えびす/えべっさん)という言葉。
いったいどういう行事で、どういう意味があるのか、注意点やお参りの仕方、福笹の飾りの意味など、参拝の前に知っておきたいエトセトラをまとめました。
これを知った上で是非十日えびすを楽しんでみてください!

まず「十日えびす」とは、七福神の「恵比寿様」が生まれたとされる1月10日前後(8日〜12日)に商売繁昌、五穀豊穣、除災招福などを願い参拝する祭典です。8日は「招福祭」と呼ばれる神事が行われるます。9日は「宵えびす」、10日は「初えびす」、11日は「残り福」と呼ばれこの3日間に福娘(京都は福が舞い込む舞妓さんや東映の女優さんなど)による福笹の授与などが行われます。お祭りでもっとも賑わうのがこの期間だそうで、9日10日は夜も閉門することなく一日中参拝が可能ですよ。ら祭典も12日は「撤福祭」と呼ばれており、午後8時から祭典が行われ「十日えびす」は終了します。
京都市内で「十日えびす」と言えば、東山の「京都ゑびす神社」へ参拝する人が多いそう。ここは日本三大恵比寿と呼ばれる神社だそうで、近隣の県からこられる方も多いのだとか。
ゑびす神社には他にない独特の参拝方法があるのをご存知でしょうか?まず、鳥居のある入り口から境内へ。もし裏門から入ってしまうと「福返し」と言われ、頂いた福が返ってしまいもったいないのだとか。本殿ではお賽銭をし、二拝二拍手一拝でしっかりとお願いを伝えます。恵比寿様が耳の遠い神様だそうで、拍手はパンパンと大きな音で、景気よくする方が多いです。そして、福娘が渡す福笹(有料)を受け取り吉兆で笹を飾っていきます。
福笹を飾り付けたら、神社から出るのですが、これは裏門へ抜けてください。その際に、本殿横の壁をトントンと軽く叩きます。これはお年寄りで耳の遠い恵比寿様にお参りに来たことを伝えるため。おじいちゃんの肩たたきをするイメージでトントンとしてあげてください。これで参拝は無事に終了☆あとは思い思いに十日えびすを満喫して下さい!期間中は餅つき、まぐろ奉納、宝恵かご社参等々行事盛りだくさんですよ!


http://www.kyoto-ebisu.jp/tooka.html

2017年12月22日金曜日

昭和そぞろ歩き

最近また家の近所を開拓し始めた、もちろん昭和生まれのエミコです。

実は前に友達の家に歩いて向かっていると、すごい看板を見つけました。
なんと...!まだ生きておったか...!北九大時代にもあやしい小倉名画座が気になっていたものです。この風景ってすごいなあと思いました。住宅街で、子どもたちの通学路っぽいところのすぐ横に「人妻〇〇」なんてポスターがドーンっと貼られてて、普通に人が出入りしてる。入ってみる勇気はありませんが、夜なんか看板がレトロなネオンサインとなり、ちょっとおもしろいです。

上の写真に看板がちょろっと映り込んでるレコードバーの「ヘルメス」さんもなかなかです。

昼は絶滅危惧種のスーパーレトロ可愛い喫茶店をめぐり、夜は元遊郭の建物を使った焼肉屋さん「江畑」で食べて、昭和9年創業の老舗居酒屋さん「神馬」でしめると。


この辺りは1950年代まで花街としてにぎわったそうですね。最近のインダストリアル系カフェもおしゃれでいいですが、わたしはやはり昔から愛されてきた、古くさくて、なんならちょっとあやしい雰囲気の喫茶店や居酒屋に惹かれます。

「わかるわ~」って思われた方、ぜひに千本通りを丸太町通りあたりから中立売通りに向かって歩いてみて下さい!昭和の香がただよってます。

2017年12月16日土曜日

町家イタリアン

J京都のさほです。
イタリアンが大好きで、京都で美味しいイタリアンのお店を発掘中です^^!!
先日お伺いした、『Dining+Cafe&Bar閏』さん、築100年の京町家を改装したカジュアルイタリアンレストラン。
横並びのソファー席が私のお気に入りシートです!
ランチの1300円のコースは前菜・メインのパスタと食後のコーヒーです。
(ドルチェ付きのコースもあります)
とても美味しくて、雰囲気よし、地下鉄の烏丸御池から徒歩5分と立地も良いです^^
この前いただいたパスタは、あさりとオリーブのトマトパスタでした。
大好きなレストランです。
皆さんも是非お友達と、恋人と、ランチ・カフェ・ディナーでご利用ください(*^^*)






2017年12月8日金曜日

嵐山花灯路!!

どうも、Jホッパーズ京都のきっちゃんです。各地の紅葉ライトアップも終わり、今年も残すところあと3週間となりました。街中にはイルミネーションが多々みられ、クリスマスが近づいてきました。今回は、クリスマス前の一大イベント、嵐山の花灯路の紹介です。
期間は本日12月8日から12月17日で、夜の5時から8時半まで嵐山エリア一帯がライトアップされます。紅葉も綺麗でしたが、それとはまた違う美しさ!光り輝く渡月橋、その周りに広がる新緑との調和、そしてなんといっても天まで届きそうな竹林の美しさ!



おそらくかなりの混雑が予想されますが、それでも一度は絶対に行くべき場所です。実は、京都在住20年以上の私もまだいったことないのですが、、(笑)でも、今年は絶対に行こうと思います。みなさんも仕事帰りに、週末の休みにぜひ行ってみてください。

2017年11月24日金曜日

紅葉と居酒屋


紅葉が見ごろを迎えている昨今の京都。

有名どころの紅葉は申し分なく美しいのですが、何げなく通る道の紅葉にふと癒される、そんな場所も京都にはたくさんあります。




こうして、休みにぶらぶらしながら見る紅葉が僕はすきです。



夜はあったかい居酒屋に行って、一杯ひっかけるというのもとてもいいです。


京都の秋はいつも素晴らしい。

旬のものを見て、旬のものを食べる。 

幸せですな。



おにぎり!!!!

2017年11月22日水曜日

紅葉穴場情報☆

マディです('ω')ノ

京都の紅葉は通常11月中旬に見ごろを迎え、下旬に向けて葉が落ちていきます。
ある場所を除いては...!

その場所は下鴨神社の境内に広がる糺の森♪

東京ドーム3個分の敷地面積を誇る糺の森は、応仁の乱の戦火で失った森もあるものの、今なお原野の姿をとどめ、私たちに癒しの空間を与えてくれています。
夏は美しい新緑が頭上を覆い、暑い京都にありながら涼しい風を感じることができ、秋の紅葉の時期は、ケヤキなどの木々が色づき、荘厳な雰囲気を醸し出します。
そんな糺の森の紅葉が何故遅いのか?それは私たちの頭上を覆っている木の多くが紅葉の木より背が高いおかげで紅葉の木々になかなか陽が当たらないのが紅葉が遅い理由なんです( ..)φメモメモ
紅葉は太陽の光に当たることによって色が緑から→黄色→赤と変化していきます。
でも糺の森は他の木のおかげで必要以上の時間がかかり、世間がクリスマスモードになる頃に色づき始めるんです(^^♪
そしてそこから徐々に落葉していき、その落ち葉が敷き詰められた広い道を歩いていると、京都というより、まるでヨーロッパの公園にでもいるかのような錯覚に陥ります。





12月上旬に京都は来るなら是非糺の森へ♡