2017年7月8日土曜日

盆栽

みなさん、盆栽はお好きですか?
わたしは最近、苔玉を購入し、まるでわが子のように可愛がっております。
徐々に増やしていってナウシカの植物部屋みたいにできたらなあなどど煩悩を働かせています。

「ナウシカ 植物園」の画像検索結果

盆栽、なんと京都植物園にもあるんですね。常時約40種はあるんだとか。
日々の手間暇がなければ維持できない盆栽、
ちっさな森がおうちにあるようでなんとも癒されます。

盆栽スキはぜひ、京都植物園へ。

お稲荷さん 宵宮と本宮

今月中旬に毎年恒例のお祭りがお稲荷さんで行われます。
境内を飾る無数の赤い提灯がノスタルジックな雰囲気を作り出しとても情緒溢れる素敵なお祭りです♪


日時:7月22日18時~、同月23日朝9時から


期間中は盆踊りが行われてますので是非参加して日本の伝統的な夏を満喫してみて下さい!


2017年6月20日火曜日

グラノーラ専門店 

皆さんグラノーラは好きですか?:)
京都にある、グラノーラ専門店をご紹介します!

「COCOLO KYOTO」さん、京都に初めて誕生したグラノーラ専門店です。
お店でグラノーラを手作りされているので、店内は香ばしい香りが漂っています:)

グラノーラを使ったメニューや、豆乳スムージーがいただけます。

店内でいただいたグラノーラが店頭販売されているので、お土産にもできます!

グラノーラ好きの方、ぜひお試しください^^
http://www.cocolo-kyoto.jp/

くぐりぬけましょう、夏のために

もう他のスタッフもすでに言っておりますが、
京都の暑い夏がやってきました。。。

土用の丑の日など夏に備える伝統行事や習慣はたくさんありますが、やはり私は昔から夏の前といえば茅の輪くぐりです。
夏越大祓 これが正しい名前らしいのですが、まず何と読むかわからずGoogle。「なごしのおおはらえ」と読みます。

大祓詞を唱え、人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。

京都各所で6月30日にある夏越の大祓、ぜひみなさんリフレッシュし夏を迎えましょう!




6月30日 夏越大祓



夏越大祓式上賀茂神社


夏越大祓石清水八幡宮


夏越しの大祓祭地主神社


夏越の祓城南宮


夏越大祓式白峯神宮


夏越の大祓式貴船神社


夏越大祓式吉田神社


夏越の大祓式平安神宮


夏越大祓式藤森神社


茅の輪神事松尾大社

2017年5月31日水曜日

二条城 夏の特別拝観について


5月とは思えない真夏日が続く今日この頃。熱中症には気を付けたいものです。

さて、今年4月に長かった東大手門の修繕工事を終え、お顔がきれいに蘇った二条城。

7月1日より、夏の特別早朝拝観として、午前7時から開城します。

最近はKyotographyという京都市の建物内で行われた写真展にはその重要文化財である台所と東南隅櫓を初めて展覧会用に提供するなど、幅広く催し物にも食い込んでいったりと、古い観光地だけでは終わらない興味深さが感じられます。

夏には早朝拝観もあり、京の七夕 という毎年恒例になった七夕イベントもあります。

リンク
http://www.kyoto-tanabata.jp/

夏の特別拝観は午前7時(二の丸御殿(国宝)の観覧は午前8時45分~)から開城し、午後5時閉城(午後4時に受け付け終了)

京の七夕については、8月3日~15日。 一足先にプレ宣伝させていただきます。




2017年5月14日日曜日

青もみじと御朱印♪

新緑が綺麗に映える5月になりましたね!

今月は青もみじがとても綺麗なシーズンです♪
紅葉というとやはり赤のイメージですが緑の紅葉は初夏への誘いといったところでしょうか。見るだけで身も心も洗われたような清々しい気分になりますのでお勧めです^^
青もみじをご覧の際は合わせて御朱印もどうぞ!

=青もみじおススメの場所=
☆貴船神社:新緑ライトアップあり
2017年5月3日(水・祝)~28日(日)の土曜日・日曜日・祝日、日没~20:00
御朱印:貴船菊と呼ばれる秋明菊がモチーフの押印付き♪水玉模様の御朱印帳もカワイくておススメ!


☆下賀茂神社:新緑ライトアップ無し
御朱印:神紋の二葉葵の押印付、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)の正式名称で記帳してくださいます!

☆建仁寺:新緑ライトアップなし
御朱印:中央に書かれる「拈華堂(ねんげどう)」は法堂のこと。「雲龍図」や「風神雷神図」のカッコイイご朱印帳(1,400円)は建仁寺ならでは!


☆東福寺:新緑ライトアップ無し
御朱印:かつて東福寺には巨大な大仏があり「新大仏寺」とも呼ばれたことから、「大佛賓殿」と書かれています。押印は、寺紋の「九條家下がり藤」!

2017年5月8日月曜日

鴨川をどり

すでに始まっております鴨川をどり、5月24日まで開催されております。
一日3公演。
ウェブサイトによると、チケットの種類によってはまだ空いているようですが、ぜひ事前予約をおすすめいたします~!

先斗町による鴨川をどり。
先斗町は京都花街の中でも新しい気風を受け入れる特徴があるらしく、明治以降西洋のダンスや音楽を取り入れたお座敷芸もしていたとか。

芸者さん舞妓さん、花柳界。
と聞くと「伝統」というどっしりとした言葉が浮かびますが、実は衰退や復興の波を潜り抜けるために伝統をいったん捨てたり、拾ったり、多文化を取り入れながら生き残ってきた背景があるんですね。

チャップリンやジャン・コクトーも観劇したとされる、鴨川をどり。
予約詳細は以下ウェブサイトをご覧ください
http://www.kamogawa-odori.com/